白石製作所 事業内容の紹介

白石製作所 事業内容の紹介

白石製作所は、ステンレス材の加工を専門として、厨房設備(流し、シンク)、食品プラント、乳製品プラント、食品機材、サニタリー配管といった製品の設計・製造を行っています。顧客のあらゆるニーズに一点一点オーダーメイドでお答えしています。

製品紹介

白石製作所 技術

白石製作所 加工技術

曲げ・溶接

薄物から厚物まで幅広く加工することが可能です
ステンレス(304、430、316)・銅・アルミ・鉄等、型鋼によらず柔軟に対応しています。


仕上げ加工

仕上げ加工はヘアライン加工や#400鏡面仕上げ、バイブレーション加工、No.4仕上げ等、お客様の要求事項にほとんど対応可能な能力を有します。


会社概要

ステンレスをベースに、食品関連機械や周辺設備を製造しています。
特に乳製品製造にこだわり、牛乳では、源乳タンクから各種設備、チーズ加工機器、バター加工機器、クリーム加工機器、ヨーグルト加工機器などです。豆乳では、豆乳プラント、湯葉製造機器、豆腐加工機器、納豆加工機器などです。

それぞれ必ず制御が必要で、各機器のコントロールも、手動・自動・半自動・タイマー・センサーと自在です。
使う人に、喜んでもらえるような製品を提供して、当にされる会社を、社員一同目指します。

代表取締役 吉田 元海

経営理念

人を愛し、製品を愛し、世界に愛されるものづくり企業をめざす。

経営目標

私達は、ステンレス素材をベースに、食品プラントや板金加工の
プロ技術集団を目指し、社会に貢献します。

私達は、常にちょっとした気遣いからの改善により、創造的向上を目指します。

品質方針

  1. 誰が見ても「当たり前だ」と思える製品を
  2. 誰が使っても「当たり前」に使えるように
  3. できるだけ早く製作する

環境への取り組み

当社では、地球温暖化対策の一環として、地球環境に配慮した太陽光発電システムを導入しています。
駐車場屋根に10kwのソーラーパネルを設置し、地球温暖化の原因となるCO2などの温室効果ガスの排出量削減と省エネルギー活動に取り組んでいます。
2013年の総発電量は約10,000kWh。
また、社員の環境に対する意識の向上と、お客さまに当社の環境保護に対する取り組みをご理解いただくため、リアルタイムで発電量を確認できるようになっています。

約10,000kWhの年間発電量は、二酸化炭素に換算すると年間約3.5トンの削減量に相当し、杉の木約260本が1年間で吸収する量と同等の役割を果たすことになるそうです。

会社概要

  • 商号株式会社 白石製作所
  • 代表取締役 吉田元海
  • 所在地 〒003-0872 札幌市白石区米里2条2丁目2番6
  • TEL 011-590-1022
  • FAX 011-590-1033
  • 創立 1954年7月23日
  • 設立 1973年5月18日
  • 資本金 1,000万円
  • 従業員 16名
  • 業種食品関連機器製造・ステンレス板金関連製品・管工事業 般-21 石 第18543
  • 主要取引先:食品製造工場及び設備関連業者

アクセス

住所 北海道札幌市白石区米里2条2丁目2番6
TEL011-590-1022
FAX011-590-1033

焙煎研究所

セルフ焙煎が出来る喫茶店です。
自社オリジナル焙煎機をこちらで体験することが出来ます!
焙煎研究所

PAGE TOP